リフォーム業者の選び方

快適な生活を長く続けるうえで住宅のメンテナンスは必要です。

経年による劣化は避けることができないもので、生活に支障が生まれるような症状が見られる場合は、リフォームなど見直しが必要となることもあるでしょう。

しかしリフォーム業者の数は非常に多く、どの業者を選べばよいのか悩むことはありませんか?

どのような視点でリフォーム業者を選べばよいのか解説いたします。

<リフォーム業者の形態から選ぶ>

リフォーム業者にもあらゆる種類が存在しますが、どのような形態があるのか具体的に見てみましょう。

・リフォーム専門業者

リフォームだけを専門に行う業者で、内装工事や設備工事などあらゆる工事に対応できることが特徴的です。

ジャンルを問わず豊富な知識と技術を持ち応用のきく業者も多いため、幅広く要望に応えることができるでしょう。

・ハウスメーカー系

自社で施工した顧客を中心に、リフォームを行う専門部署や別会社として設けていることが多くのケースです。

自社の建物に関してはすべてにおいて熟知しているため、メンテナンスのスケジュールやその方法まで一任することができます。

また一般のリフォームを行うこともあります。

・住宅設備系

おもに水回り設備を取り扱うメーカーや系列店によってリフォームを行う業者も多く存在します。

生活するうえで使用頻度が高く、傷みやすいところでもあるので、劣化や故障があった場合はリフォームの優先順位が高くなります。

・その他

電気やガス会社などがリフォームを行うケースや、ホームセンターや家電量販店など相談カウンターなどを設置して対応するケースなどさまざまな形態があります。

<実績から選ぶ>

業者を選ぶ際、リフォームをしたい内容について施工実績があるか、また得意な分野であるかを判断することは重要な指標となります。

参考になるのはリフォーム業者の自社ホームページです。

実績として施工写真を掲載している場合は、実績であることはもちろん得意な工事であることの証拠として捉えることができます。

工程の流れなど、より具体的な内容があると信頼度もアップします。

<プロならではの提案力で選ぶ>

しっかりと要望をくみ取ったうえで、使い勝手など施工後に起こり得る事象を想定して提案ができる業者であるかということは大変重要です。

実際に使用してみて扱いにくい場合、長期に渡ってストレスを蓄積する原因となります。

また工事後の保証制度はあるか、アフターサービスの内容は充実したものであるかなどは事前に確認しておきましょう。

<まとめ>

リフォーム会社は安易に決めるのではなく、しっかりと調査を行い、担当者の対応や見積もりなど総合的に判断したうえで家族たちと話し合って決定することがよいでしょう。

また1社だけで判断するのではなく、面倒でも複数の業者を比較することが重要なポイントです。

家族の快適な暮らしのため、信頼できるよい業者と出会ってください。

リビンマッチ
  1. 東通西日本筑後

    2019.03.08

  2. フコク電興株式会社

    2019.02.13

  3. 株式会社オフィスソリューションズ北九州

    2019.02.12

  4. 有限会社 創和システム

    2019.02.12

  5. 株式会社M’sエレクトリック

    2019.02.12

SoftBank 光