電気工事業者の選び方

日常生活において電気は密接につながっており、さらに新しい技術の多くが電気を必要とするものです。

住宅のなかで電気に関連する工事は非常に多いですが、同時に危険を伴う工事でもあるため、誰もが簡単に行えるものではありません。

電気工事には電気工事士という資格を有している人でしか行うことができないもので、無資格での施工が発覚した場合は、施工者に対し罰金などの罰則を科されることもあります。

スイッチやコンセントの増設、LAN配線、太陽光発電の設置など、電気に関連するあらゆる工事には電気工事業者に依頼する必要があります。

電気工事が必要なとき、どのような基準で電気工事業を選べばよいのか解説いたします。

<相談と対応>

インターネットなどを利用して工事に対応できそうな電気工事店をリストアップします。

工事の内容について、メールや電話などで相談を行い、その対応によって判断することが重要です。

電気工事は専門的なことが多く、一般の人にとってはわからないことがほとんどですが、質問に対し丁寧な説明をしてくれる業者は安心につながります。

具体的なことは現地確認をしてからでないと確定はできないことが多くなりますが、ヒアリングした範囲で工事費用や工期などの目安を聞き、要望と合致しているか確認しておきます。

また工事保証の有無、アフターサービス体制について、その他にも気になることはできるだけ事前に明確にしておくことがポイントです。

誠実な対応であるか、費用と工期は想定内であるかなど総合的に判断して、次のステップに進める業者を絞り込みましょう。

<現地調査と見積もり>

できるだけ複数の業者に見積もりをしてもらうほうが比較検討するうえで判断しやすくなります。電気工事は状況によって内容は全く異なり、配線経路や必要な材料などの検討をする必要があります。

それらを現地調査で明らかにすることによって金額が算出できるわけですが、見積書として提出してもらい内訳をしっかりと確認します。

電気工事一式だけでなく詳細が記載されているかチェックし、不明な点については質問して明確にしておくことも大切です。

<提案力>

現地調査を行い、その状況から利便性を考えた提案をしてもらえると生活を送るうえで非常に助かります。

コンセントやスイッチなどは生活の動線上にあることが望ましく、住人に合った適正な位置を指摘してもらえることや、また内容によっては補助金制度が使えることなど、プロの目線からさまざまな提案ができる業者は信頼度が高いといえます。

<まとめ>

電気工事は専門性が高く、また有資格者による施工が法律にも定められています。
だからこそ一般の人にも丁寧に説明を行うことや、プロならではの提案を行うことできることが重要だといえるでしょう。

リビンマッチ
  1. 東通西日本筑後

    2019.03.08

  2. フコク電興株式会社

    2019.02.13

  3. 株式会社オフィスソリューションズ北九州

    2019.02.12

  4. 有限会社 創和システム

    2019.02.12

  5. 株式会社M’sエレクトリック

    2019.02.12

SoftBank 光